株式会社くらいす住建 お問い合わせ
MENU

お知らせ

2020.08.31長く続く在宅勤務を快適に!リフォームで作る仕事スペース

新型コロナウィルスの影響で在宅勤務になった人も多いでしょう。

しかし、在宅勤務によって「作業効率が落ちた」「仕事とプライベートの切り替えが難しい」など在宅勤務の環境に順応するのが難しい人も少なくありません。

WEB会議が多い仕事であれば、部屋の背景、家族の話し声や外からの騒音、職場と家庭の会話がお互いに聞こえてしまうのも気になります。

もちろん、このような環境では仕事に集中できないのも当然です。

 

このような問題を解決するために、リフォームを考えてみてはいかがでしょうか。

 

【在宅勤務を快適するリフォーム】

仕切りの設置

・間切り壁

・間仕切りドア(ガラス戸)

・パーテーション(パネル)

・ロールスクリーン

など空間をきちんと分けると、仕事とプライベートを分けることができます。

仕切りがあることで、仕事だけでなくエアコンの効率も上げることもできます。

夏や冬には光熱費の削減することにも繋がります。

 

仕切り度をする場合、引き戸や引き込みドアにするといいでしょう。

仕事する時には締めておき、仕事をしないときは扉を全開にすることで隣接する部屋(リビングなど)とひと続きの空間にできます。様々な素材があるので、防音性能や仕切りのタイプなどに合わせることをおすすめします。

ご要望によってスタッフが選別いたします。

 

壁材

仕事スペース周辺の壁紙は仕事に集中できように、できれば白色やベージュなど落ち着いた色を選ぶことをおすすめします。

模様などがあまりない色の統一感のある壁紙にすると、WEB会議のときに見られても問題ありません。

バーチャル背景など背景を変えるときにも便利です。

 

湿度の調整効果や消臭効果がある壁材もありますので、仕事のしやすいような素材をおすすめ致します。

メモをするのに壁面の一部を黒板クロスにすることもできます。

仕事で使わないときは、お子さんの落書きスペースにも使えます。

 

床材

床材も吸音効果や防音性のあるものがあります。

後ろでお子さんなどが走ることもありますが、WEB会議中も気になりません。

在宅勤務が続くと運動不足が気になりますが、防音性のある床材であれば、気にせず部屋の中で運動をすることができます。

 

 

ライティングや採光なども気になるところですが、それらも含めてご相談いただくと在宅勤務に最適なリフォームをご提案させいていただきます。

コメントは受け付けていません。