株式会社くらいす住建 お問い合わせ
MENU

お知らせ

2020.10.15≪リフォームとリノベーション≫いまさら聞けない違いを大解剖します!

「今住んでいる家が古くなってきたからきれいにしたい」や「中古物件を購入したので自分の好きなように変えたい」など、住居を自分の思う理想の形にしたいと思われている方は多いと思います。
そこで、頭に浮かぶのが「リフォーム」と「リノベーション」です。この2つの言葉は、似ているようで実は違います。この記事では、工事の規模や完成後のスタイル、費用など、具体的に解説していきます。自分にとってどちらが向いているのか、考えてみてくださいね。

 

リフォームとリノベーションの違いとは

リフォームとリノベーションはよく似ていますが、建物にどのように変化を与えるか、どのような目的で手を加えるか、というところで違いがあります。ここではまず、リフォームとリノベーションの違いをきちんと理解しておきましょう。

 

リフォーム

リフォームとは、住宅設備を入れ替えたり壊れた箇所や老朽化した箇所を新しくしたりと、表面に見えている部分を回復させることをいいます。つまり【マイナスになってしまったところをゼロに戻すための機能回復】というイメージです。

 

≪リフォームの具体例≫

・老朽化したシステムキッチンやバスタブの交換

・クロスの張り替え

・外壁の塗りなおし

・畳をフローリングに変更する

 

リノベーション

一方、リノベーションとは間取りや排水管などの移動をともない、既存の建物に大規模な改修を加えて性能を向上させることをいいます。そのため、築古住宅であっても現代的なデザイン性の高いものに変えることができるでしょう。また、家族が増えるなどライフスタイルの変化に合わせた部屋数や動線の変更も可能になります。つまり【暮らしをよりよくするための付加価値をプラスする】というイメージです。

 

≪リノベーションの具体例≫

・別々だったダイニングとキッチンの壁を壊してLDKにする

・家族が増えたので部屋数を増やす

・耐震性の高い壁に補修する

 

かかる費用

規模にもよりますが、原状回復を目指すリフォームに対して、リノベーションはグレードアップを目指すものなので、リノベーションの方が費用はかかることの方が多いです。また、リノベーションにも種類があり、水回りやLDKなど一部分だけのリノベーション、骨組みは残して全体を見直すフルリノベーションなどがあり、一言にリノベーションと言っても費用は大きく異なってきます。

 

工事の期間

リフォームやリノベーションを考えている方にとって、工事の期間は重要なポイントです。とくに、フルリノベーションの場合、骨組み以外は取り払う大改修になるため、工事期間が必然的に長くなります。そのため、現在住んでいる家を大改修するとなれば仮住まいが必要になります。長い場合、数か月に渡り工事をすることもあるので、期間は正確に把握しておくようにしましょう。
それに対してリフォームは、ほとんどの場合一部の改修であるため暮らしながらでも可能です。ただし、壁紙や床板の張り替えなどは家具の移動先が必要になるため気を付けましょう。

 

どちらが向いているの?

リフォームとリノベーション、それぞれにメリットがあります。思い描く理想の住宅にリフォーム・リノベーションどちらが向いているのか考えてみましょう。

 

リフォームが向いている方

■暮らしてきた住宅の雰囲気を残したい
古くなったとはいえ、自分が住み慣れた家をまるっきり変えてしまうのに抵抗がある方、また部屋の配置や動線が変わると逆に不便に感じる方もいると思います。お風呂・キッチンなどの水回りを最新のもので便利に美しくしつつも、家の雰囲気を変えることなく暮らせることはリフォームのメリットです。自分の住宅への思い入れが強い方に向いているといえます。

 

■費用を抑えたい
大部分を改修するリノベーションに対して、必要な部分だけを新しくすることができるリフォームは費用を抑えることができます。そのため、水回りや壁紙、屋根や外壁など一部分だけで済ませたい方や築浅の中古物件を購入された方などに向いています。リノベーションの大規模な工事の場合、仮住まいに費用が掛かる場合もあるため、住みながら改修できるリフォームは、支出を抑えたい方におすすめです。

 

リノベーションが向いている方

■新築のようにきれいな家に住みたい
築古住宅であっても、一から自分の好きな雰囲気に変えて新築のとき以上によりよいものにできるのがリノベーションのメリットです。また、古い家の悩みである、「冬は寒く、夏は暑い」というような住まいの不安に対する改修もおこなえます。間取りから壁紙、ドアノブなどの細かいところまで自分で決めることのできるリノベーションはさながら新築物件のように作り上げることができるのです。それでいて、費用は新築よりも抑えることが可能なのも魅力のひとつです。

 

このように、リフォームとリノベーションには違いが明確にあり、自分にとってどちらがよいのか見極めが必要になります。なかなか自分では決めきれないという方は、ぜひ一度無料相談にお越しください。素敵な住まいの実現のために一歩踏み出してみませんか?

コメントは受け付けていません。