株式会社くらいす住建 お問い合わせ
MENU

お知らせ

2020.12.28外装・外観リフォーム|大切な家をもっと美しく長持ちさせるには?

外装は、家の顔です。しかし、日々雨や風にさらされるため、汚れや劣化も激しい場所でもあります。リフォームというと内装ばかりに目がいきやすいですが、外装リフォームをすることによって、新築のように美しい見た目に生まれ変わらせることができます。また、外観がよくなるだけでなく、家を長持ちさせる効果も期待できます。

そんな外装リフォームについて、おすすめの理由を詳しくご紹介していきます。

外装リフォームを考えてみませんか?

外装は一番人に見られるところであり、家の印象を左右するところでもあるため、見た目には気を遣いたいですよね。また、外装は暑さや寒さ、日差しや紫外線などから家を守ってくれる大切な場所でもあるため、素材の劣化にも気を付けなくてはいけません。

建物の立地や特徴などによって変わってくるので、自分の住宅に合った外装リフォームを考えていきましょう。

外壁のリフォーム

外壁は人目に付きやすい場所なので、手を入れているのと入れていないのでは印象が大違いです。塗装が剥げていたりひび割れていたりする場合は、塗り替えたほうがいいでしょう。見た目がよくなるだけでなく、外壁は家を保護してくれいます。ひび割れから水漏れしてきたり、シロアリが侵入してくるという被害を受けたりすることもあります。

●フォームのタイミング

見た目ではわからない場合でも、日々雨風や日差しを浴び続けているので必ず劣化しています。立地の条件や外壁の素材などにもよりますが、一般的には新築で建ててから一度も壁を塗りなおしていない場合、20年経過したら塗りなおしを検討しましょう。外壁をリフォームしたことがある方も、10年ごとにはメンテナンスを考えたほうがよいです。
年数だけではタイミングがつかみにくいと思われる方は、指で外壁をこすってみてください。指に白い粉が付いたらリフォームのタイミングです。これは「チョーキング現象」と呼ばれており、粉の正体は外壁の顔料で、防水層が劣化しているおそれがあります。

屋根のリフォーム

屋根は見えにくい部分ではありますが、雨風に1番さらされている場所でもあります。ひびが入っていたり、ずれてしまったりすると雨漏りの原因となります。普段見えない場所だからこそ、定期的にチェックすることが大切です。
条件にもよりますが、10年を目安にメンテナンスすることをおすすめします。

●塗装工事

屋根自体に傷みが少ない場合、その屋根の材料に合った塗料を塗って補修します。塗料の成分によって値段が変わるものの、他の工法に比べると安価で、かつ短い工期できるところが魅力です。

●カバー工法(重ね葺き工事)

屋根の傷みが塗装でカバーできない場合は、今の屋根の上に新しい屋根を乗せるカバー工法をとります。廃材が出ないため葺き替えよりも費用を抑えられるうえに、上からかぶせているので防音・断熱効果も期待できます。

●葺き替え工事

屋根の下地が傷んでしまっている場合は、屋根材をすべて新しく取り替える方法の葺き替え工事をおこないます。屋根だけではなくその下の防水シートまで取り替えることによって、屋根の耐久性を上げることができます。工期も長く、廃材が出るため費用は一番かかります。

 

家回りも一緒にリフォームする

外観を整えるために、一緒に家回りのリフォームもおこなうと、デザインを合わせることもできるので統一感があります。外壁や屋根と一緒に玄関ドアや、門扉、アプローチなども一緒にリフォームすれば新築の頃のように見た目が美しくなります。
外壁や屋根のリフォームをするときには、足場を建てるのですが、その足場を共有し、雨どいや破風のリフォームも一緒におこなえば、足場代が浮くのでおすすめです。

外装リフォームは計画性が大切

外装は内装ほど普段から目にする場所ではないため、知らないうちに劣化が進んでしまっていることが多いです。とくに、屋根や2階部分の外壁などは目で確認できないのでなおさら難しいです。そのため、築年数を考えながら計画的に外装リフォームをしなくてはいけません。地震や台風などの自然災害が起きた場合は、築年数にかかわらずメンテナンスすることも必要です。

また、外観の美しさは資産価値も上げてくれます。今後中古住宅として売り出そうと考えている方は、内装だけでなく外装も重要なポイントであることを考えておくと有利に交渉できる可能性があります。

弊社では外装リフォームにも力を入れており、長く住める住宅を目指しております。お客様の大切な家を守るお手伝いをさせていただければと思います。ご興味のある方はぜひお見積りのご連絡お待ちしております。

 

コメントは受け付けていません。