株式会社くらいす住建 お問い合わせ
MENU

お知らせ

2022.04.20フルリノベーションの費用相場を徹底解説!戸建てとマンションの違いも比較

フルリノベーションをすれば、古くなってしまった我が家を快適な空間に生まれ変わらせることが可能です。ただ、リフォームと違って大がかりな工事になりますので、どれぐらい費用がかかるのか気になりますよね。そこで戸建てやマンション、それぞれのフルリノベーションにかかる費用を詳しくご紹介します。

 

 

フルリノベーションのメリット・デメリット

建物全体を作り変えることも可能なフルリノベーションには、どんなメリットやデメリットがあるのか、詳しく見ていきましょう。

 

間取りや内装を大きく変更できる

フルリノベーションのメリットは、大胆な間取りや内装の変更ができることです。骨組みだけを残すスケルトンの状態にしてから工事をするため、壁を壊して部屋を広くすることや水廻りの場所を移動させるといったことも可能です。

 

建て替えに比べてコストを抑えられる

フルリノベーションは、建て替えをするよりもコストが抑えられることもメリットです。フルリノベーションでは建物の基礎部分は残すため、建て替えで更地から家を建てるよりコストがかかりません。

 

工事期間が長い

フルリノベーションは、リノベーションに比べると工期が長くなることがデメリットです。大きく家を変えるため、プランニングにも時間がかかります。さらに、骨組みだけを残して全て取り去るといった大がかりな工事になるため、半年以上かかることもあります。

 

場合によっては費用がかかる可能性も

フルリノベーションの場合、金利が高いリフォームローンを利用することになるため、建て替えよりも支払いの負担が大きくなるのがデメリットです。また工事が始まってから補強工事が必要となる可能性もあります。そういった思わぬ出費が発生することも考えた上で、工事の計画を立てることが大切です。

 

 

フルリノベーションの費用相場

フルリノベーションでは、どれぐらいの費用がかかるのか気になりますよね。ここでは新築の戸建てと比較した、中古戸建てとマンションのフルリノベーションの費用の相場をご紹介します。

 

新築戸建ての場合

新築戸建ての場合、建築費用は3,500万円以上が相場です。新築住宅の場合は、土地込みの建売住宅を購入する場合や、土地を購入して注文住宅を建てる場合など様々です。ここでは住宅金融支援機構が発表した「フラット35利用者調査報告」(2020年度)のデータを参考にしましたが、この数字はあくまでも「本体価格」(建物工事の費用)なので、トータルの費用はこの数字より高くなる可能性があります。

 

中古戸建て(フルリノベーション)の場合

中古戸建てをフルリノベーションする場合、かかる費用の相場は400万円〜です。ただし費用は1,000万円以上かけるという人も多い傾向にあります。中古戸建てでも築年数によっては、設備をそのまま使える場合には費用を抑えることが可能です。逆に間取り変更や収納場所の造作、棚の設置といった工事内容が増えるとそれだけ費用もかかることに注意が必要です。

 

マンション(フルリノベーション)の場合

マンションのフルリノベーションの場合、かかる費用の相場は300万円〜です。戸建てに比べ、マンションによっては防音性が求められるため、フルリノベーションの範囲が限定されていることもあります。マンションの場合は基礎工事が必要となることがないため、工事内容によっては戸建てより低予算でフルリノベーションすることも可能です。

 

 

フルリノベーションの費用を抑えるポイント

フルリノベーションは、建て替えよりも費用は抑えられるとはいえ、工事の内容によっては費用が高くなってしまうこともよくあります。ですが、工夫すれば費用を抑えることは可能です。そこでぜひ参考にしたいポイントを2つご紹介します。

 

設備や素材のグレードを変更する

新しくする設備や、壁紙や床材などの素材のグレードを見直すことで、費用が抑えられます。見直せるポイントとしては、以下のことが挙げられます。

 ●使う壁紙を統一する

 ●設備のグレードを最新より下げる

 ●同じメーカーで揃える

この他、依頼するリフォーム会社に相談し、コストを抑える方法をアドバイスしてもらうのもおすすめです。こだわる部分には費用をかけ、そうでない部分はコストカットすることを考えましょう。

 

減税や補助金制度を活用する

フルリノベーションの工事内容によっては、補助金制度の対象となっていることや減税対象になる可能性があります。対象となる工事には、以下のものがあります。

 ●バリアフリー

 ●耐震

 ●環境対策

 ●省エネルギー化

 ●同居対応

 

国の補助金以外にも、各自治体で独自の補助金制度を実施しているところもあります。補助金制度については、事前の申し込みが必要なためリフォーム会社にも相談しましょう。減税制度については、国土交通省や国税庁で確認しましょう。工事を実施した時期によって税率が変わることもありますので注意が必要です。

 

 

フルリノベーションで理想の住まいを手に入れよう

フルリノベーションは、間取りや水廻りの配管の移動といった思い切った変更ができるため、住む人に合わせた家づくりが可能です。また中古住宅を購入して住みやすくフルリノベーションして住むという新しい住まい作りをする人も増えています。ただ、フルリノベーションの内容によっては費用がかさむこともあります。予算内で理想の住まいを手に入れるためにも、まずは実績豊富なくらいす住建にご相談ください。

 

コメントは受け付けていません。